家電

RNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを比較!オススメはどっち?

アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400D RNS-P10-W徹底比較!オススメは?のテキスト

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを比較しました。

悩んでいる人
悩んでいる人
見た目も違うけど機能も違うのかな?

と思われる方も多いでしょう。

RNS-B400DとRNS-P10-Wを比較すると違いは以下の8つでした↓

違う点
  1. RNS-B400DはコードレスだけどRNS-P10-Wはコードあり
  2. 散水方法がRNS-B400Dは手動だけどRNS-P10-Wは自動ポンプ式
  3. RNS-B400Dのみ噴射タイプが2種類ある
  4. RNS-P10-WのみT型ヘッド付き
  5. RNS-B400Dのみ満水・傾斜センサー付き
  6. 音の大きさがRNS-B400Dの方が小さい
  7. サイズとタンク容量が違う
  8. 価格

普段なかなか洗いにくいカーペットやソファなど布製品の汚れを、水やお湯で浮かせて吸引する点は同じです。

電源を気にせずどこでも使えて軽くて移動も簡単、スポット的に使うことが多いならRNS-B400Dが良いですね。

時間を気にせずしっかり洗浄したい、散水は自動の方がいい、値段も安い方がいいならRNS-P10-Wを選択するのがベストです。

本文でアイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-Wの違いや共通点はどこなのか詳しく紹介していきますね^^

移動も簡単なコードレス!アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400D

>>RNS-B400Dの口コミや特長はこちらの記事をご覧ください^^

自動で散水!カーペットやソファを水洗いできるリンサークリーナーRNS-P10-W

>>RNS-P10-Wの口コミや特長はこちらの記事をご覧ください^^

▼アイリスオーヤマのリンサークリーナー全6種類の違いを比較した記事はこちら

アイリスオーヤマリンサークリーナー最新!全6種類の違いを比較!オススメのタイプは?のテキスト
アイリスオーヤマリンサークリーナー最新!全6種類の違いを比較!どれがオススメ?アイリスオーヤマから発売されているリンサークリーナー全種類の違いを比較しました。どれを選んだらいいのか型番ごとに詳しく紹介しています。...

RNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを比較

アイリスオーヤマのリンサークリーナー

  • RNS-B400D
  • RNS-P10-W

なかなか洗えないカーペットやソファの汚れを水と一緒に吸い込みます。

大きな違いは以下の8つです↓

違う点
  1. RNS-B400DはコードレスだけどRNS-P10-Wはコードあり
  2. 散水方法がRNS-B400Dは手動だけどRNS-P10-Wは自動ポンプ式
  3. RNS-B400Dのみ噴射タイプが2種類ある
  4. RNS-P10-WのみT型ヘッド付き
  5. RNS-B400Dのみ満水・傾斜センサー付き
  6. 音の大きさがRNS-B400Dの方が小さい
  7. サイズとタンク容量が違う
  8. 価格

違いを詳しく紹介していきますね。

RNS-B400DはコードレスだけどRNS-P10-Wはコードがある

電源のタイプが違います↓

  • RNS-B400D:コードレス
  • RNS-P10-W:コードあり

最新型のRNS-B400Dはバッテリー式のコードレスです。

駐車場の車のシートを洗浄をする時など近くに電源がなくても使えます。

家の中でもコードのことを気にせず、どこでもサッと持ち運びが可能♪

ただバッテリーの連続使用時間が約10分なので、広い範囲など長時間使いたい場合はコードありのRNS-P10-Wの方が時間を気にせず使えますね^^

もしバッテリーの予備が必要なら別売りもあるし、最初からバッテリーが2個付属している「RNSK-B400D-W」もあるよ

RNS-B400Dはバッテリー1個付属です。

▼別売りのバッテリーはこちら

▼バッテリー2個 ホワイトのアイリスオーヤマRNSK-B400D-Wはこちら

散水方法がRNS-B400Dは手動だけどRNS-P10-Wは自動ポンプ式

水の散水方法が違います↓

  • RNS-B400D:手動
  • RNS-P10-W:自動ポンプ式

RNS-B400Dはハンドツールのスプレーで散水します。

RNS-P10-Wはハンドツールにあるトリガーを握ることで自動で散水します。

自動ポンプ式のRNS-P10-W

短時間なら手動でも問題ないと思いますが、長時間使用となると自動ポンプ式のRNS-P10-Wの方が手は疲れにくいですね。

そして、清水タンクの場所もRNS-B400Dはハンドツールに付いていますが、RNS-P10-Wは本体に付いているのでハンドツール自体がスッキリしてます。

広い範囲に使用する場合はRNS-P10-Wの方が手への負担は少ないですね^^

RNS-B400Dのみ噴射タイプが2種類ある

RNS-B400Dは水の噴射タイプを2種類から選べます。

噴射口にあるノズルを回して切り替えます。

直射タイプは水を汚れの奥まで行き渡らせたい時に。

シミの部分など狭い範囲に使いたい場合ですね^^

霧吹きタイプは広い範囲に吹きかけて使いたい時に。

カーペットやソファなどですね。

ノズルを回すだけですぐに切り替えられて便利です^^

RNS-P10-WのみT型ヘッド付き

RNS-P10-Wには付け替えられるT型のヘッドが付属しています。

T型ヘッドは隅の方や角など大きいヘッドでは洗いにくい、狭い部分の汚れを落としたい時に使います。

隅々まで気になる汚れを落とすことができてスッキリしそうですね^^

T型ヘッド付き!カーペットやソファを水洗いできるリンサークリーナーRNS-P10-W

RNS-B400Dのみ満水・傾斜センサー付き

RNS-B400Dの本体が倒れたり、汚水タンクが満タンになると傾斜センサーと満水センサーが作動します。

自動でモーターを止めて本体へのダメージを防いでくれます。

センサーがついてたら安心してお掃除に没頭できるね

RNS-B400Dの方が運転音が小さい

新型のRNS-B400Dはアイリスオーヤマのリンサークリーナーの中で一番運転音が静かです。

なのでRNS-B400Dの方がRNS-P10-Wよりも音は小さいです。

とはいえ、RNS-P10-Wの口コミで掃除機の音くらい、許容範囲という方もいたので特に音に敏感でないならどちらを選んでも問題はないと思います。

少しでも音が小さい方がいいならRNS-B400Dを選ぶといいね

移動も簡単なコードレス!アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400D

サイズ・重さ・水を入れるタンクの容量が違う

RNS-B400DRNS-P10-Wではサイズ・重さ・水を入れるタンクの容量が違います。

コードレスリンサークリーナーRNS-B400D

RNS-B400D

  • サイズ:幅約23.3×奥行約21.3×高さ約27.7cm
  • 重さ:2.4kg
  • 清水タンク:0.4L
  • 回収タンク:0.4L

リンサークリーナーRNS-P10-W

RNS-P10-W

  • サイズ:幅約29×奥行約18×高さ約27cm
  • 重さ:3.2kg
  • 清水タンク:1.1L
  • 回収タンク:0.4L

どちらも家庭用のコンパクトサイズというのは変わりませんが、RNS-P10-Wの方が少し横幅があって重さも清水タンクの容量も大きいです。

RNS-P10-Wは清水タンクが1.1Lあるので、一度にたくさん使用する時はちょこちょこ給水しなくていいから助かりますね^^

価格はアイリスオーヤマRNS-P10-Wが安い

価格はアイリスオーヤマRNS-P10-Wの方がお安いです!

値段の差はまあまあ、あるね

実際の価格は販売サイトによってセールやキャンペーンがあったり、クーポンやポイントがもらえたり様々なので、こちらでチェックされるといいですよ^^↓

ここから楽天市場の最安値や公式サイトの価格をチェックできます↓

移動も簡単なコードレス!アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400D

自動で散水!カーペットやソファを水洗いできるリンサークリーナーRNS-P10-W

RNS-B400DとRNS-P10-Wの共通点

ここからはアイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400DRNS-P10-Wの共通の機能や特長を紹介します。

共通点
  1. 洗いにくい布製品を水だけで洗える
  2. 40℃までのお湯を使える

洗いにくい布製品を水だけで洗える

アイリスオーヤマのリンサークリーナーは洗剤を使わずに布製品を水だけで洗えます。

洗剤や化学物質を使用しないので小さいお子さんやペットのいるご家庭でも安心。

なかなか丸洗いするのは大変なカーペットやソファ、車のシートや天井など。

汚れや臭いなど気になる部分をスッキリ綺麗にします。

40℃までのお湯を使える

どちらも40℃までのお湯を使えます。

皮脂が溶けだす温度は30〜40℃くらい。

水では落ちにくい皮脂汚れを浮かせて洗うことができます。

もっと綺麗にしたい!という場合はリンサークリーナー専用の洗浄液が使えますよ^^

タンパク汚れや皮脂汚れに強い洗浄液です。

最大99%の消臭効果で気になる臭いもスッキリしますよ^^

移動も簡単なコードレス!アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400D

自動で散水!カーペットやソファを水洗いできるリンサークリーナーRNS-P10-W

RNS-B400DとRNS-P10-Wどっちがオススメ?

ここまでに紹介した違いと共通点を踏まえて、どんな人にどっちがオススメなのかまとめました^^

RNS-B400Dがオススメの人

アイリスオーヤマコードレスリンサークリーナーRNS-B400Dオススメするのは

  • コードレスがいい
  • サッと持ち運べた方がいい
  • 音はなるべく小さい方がいい

とう方です。

電源を気にせずサッと使えて、軽くて持ち運びも楽

庭や駐車場に止めてる車のシートを綺麗にするのもコードレスだから便利です^^

音が大きいと近所迷惑にならないかな?と心配なら、少しでも音の小さいRNS-B400Dを選ばれた方が安心ですね。

移動も簡単なコードレス!アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400D

>>RNS-B400Dの口コミや特長はこちらの記事をご覧ください^^

RNS-P10-Wがオススメの人

アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-P10-Wオススメするのは

  • 充電したりするのは面倒だからコードありがいい
  • 広い範囲に使いたい
  • 散水は自動の方がいい

という方です。

電源コードありのRNS-P10-W使える残り時間を気にしなくて済みます。

散水も自動なので長時間でも手が疲れにくいです。

広い範囲に長時間使いたいならRNS-P10-Wの方がいいですね^^

自動で散水!カーペットやソファを水洗いできるリンサークリーナーRNS-P10-W

>>RNS-P10-Wの口コミや特長はこちらの記事をご覧ください^^

RNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを比較!まとめ

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-B400DとRNS-P10-Wの違いを8つ紹介しました。

違う点
  1. RNS-B400DはコードレスだけどRNS-P10-Wはコードあり
  2. 散水方法がRNS-B400Dは手動だけどRNS-P10-Wは自動ポンプ式
  3. RNS-B400Dのみ噴射タイプが2種類ある
  4. RNS-P10-WのみT型ヘッド付き
  5. RNS-B400Dのみ満水・傾斜センサー付き
  6. 音の大きさがRNS-B400Dの方が小さい
  7. サイズとタンク容量が違う
  8. 価格

どちらも洗いにくい布製品を水やお湯だけで洗浄できる、家庭用コンパクトサイズのリンサークリーナー。

選択のポイントは

  • コードレスの方がいいのか?
  • 散水方法は自動か手動か
  • 価格

の3点です。

電源を気にせずどこでも使えて軽くて移動も簡単、スポット的に使うことが多いならRNS-B400Dが良いですね。

時間を気にせずしっかり洗浄したい、散水は自動の方がいい、値段も安い方がいいならRNS-P10-Wを選択するのがベストです。

どのような状況で使いたいのか、で選ぶといいね

移動も簡単なコードレス!アイリスオーヤマリンサークリーナーRNS-B400D

>>RNS-B400Dの口コミや特長はこちらの記事をご覧ください^^

自動で散水!カーペットやソファを水洗いできるリンサークリーナーRNS-P10-W

>>RNS-P10-Wの口コミや特長はこちらの記事をご覧ください^^

▼アイリスオーヤマのリンサークリーナー全6種類の違いを比較した記事はこちら

アイリスオーヤマリンサークリーナー最新!全6種類の違いを比較!オススメのタイプは?のテキスト
アイリスオーヤマリンサークリーナー最新!全6種類の違いを比較!どれがオススメ?アイリスオーヤマから発売されているリンサークリーナー全種類の違いを比較しました。どれを選んだらいいのか型番ごとに詳しく紹介しています。...
こんな記事もおすすめ